P1700719

梅窓 糸組釜敷

毎年秋の訪れの早い遅いを金木犀がいつ香り出すかで判断していますが、今年は早かったですね。9月半ばにはうっすらと漂い始め、今日なんかは雨をはらんだ曇り空の中、濃密に香っています。

さてそんな秋の真っただ中にご紹介するのはなぜか梅の釜敷です。あんまり色合いと細工が美しかったもので…

釜敷は籐だったり紙だったりいろいろな素材がありますがこのような組紐みたいな雅なものもあるのですね(素人感丸出しですみません)。糸の継ぎ目がじぃっと見ても全くわかりません。

P1700720

ライトの光が強すぎて緑がちょっと色あせて見えますが実物はきれいな色をとどめています。この色の組合せも梅を示すものでしょうか。

詳細などお問い合わせはどうぞ076-231-6631までお電話ください。全国へ発送も承っております。お買い上げいただきありがとうございます。