P1260911

小田清山の細字盃一対「養老」

九谷焼にはその時代その時代に流行した柄がありますが、これは明治に入って九谷焼の代表的な技法の一つとなった細字の盃です。

細字を磨き上げた祖ともいうべき小田清山の作となります。梅形の薄手の盃に「養老」の謡の譜面が縁取りの様に軽やかに描き込まれています!字だけでも細かいのにゴマまで‼

この盃に入れて飲めばどんなお酒も不老長寿の妙薬のように感じられるのでは?泉の湧き出る清らかな光景まで目に浮かんできそうです。

P1260913詳細などお問い合わせはどうぞ076-231-6631までお電話ください。全国へ発送も承っております。お買い上げいただきありがとうございます。